アロマオイルの効能 | 大阪市出張エステ&マッサージ 待ち合わせ「オリーブ」

アロマオイルの効能

オリーブではアロマオイルをお選びいただけます。
効果効能からお選びください。

ラベンダー

肌、身体、心にさまざまな作用をし、応用範囲が広いので万能アロマオイルとも言われています。
優れた鎮痛作用があり、頭痛、筋肉痛などの痛みに効果があり、 鎮静作用がゆったりとリラックスさせ深い眠りをもたらしてくれます。
また、細胞の成長を促進する作用は、スキンケアにも効果的で、傷や虫さされ・やけど・にきびや湿疹などにも使われます。最もなじみ深く人気があります。

オレンジ・スィート

子どもから大人まで、誰にでも好かれる甘い柑橘系の香りです。
リラックス作用と適度な高揚作用、両方をあわせもつので、落ち込んだ心を暖かく包んで元気にしてくれます。
オレンジは、消化器系のトラブルに効果的なので、消化液の分泌を活発にするので、おなかがはる時や、食欲不振や過食、便秘、消化不良を改善します。
また、老廃物の排出作用もあります。 スキンケアでは、ビタミンCの吸収やコラーゲンの形成を促進し、オイリー肌のお手入れや肌がくすんでいる時、セルライトのケア、脂性肌のお手入れなどにむいています。

ティーツリー

ややシャープな香りを持ち、精神的なダメージを取り払い、心をリフレッシュさせ、また強い殺菌力からオーストラリアの原住民が、傷の治癒のために使用してきた植物で、にきびや切り傷、膀胱炎、歯肉炎等の改善に効果的です。
皮膚の消毒や化膿止めとしても使われています。ティーツリーは、免疫力を高めるとも言われ、感染症の予防や初期症状にも効果的。
リフレッシュ効果もあり、風邪気味でのどが痛いときなどに、ティーツリーのアロマオイルを湯ぶねに入れるとスッキリします。

グレープフルーツ

もともと人気の高い香りですが、最近の研究でグレープフルーツの香りとダイエットとの相関関係が指摘されてからは、さらにその人気が高まってきました。他の柑橘系の精油の例にもれることなく、グレープフルーツは人の食欲に大きな関わりをもつと言われます。食べすぎの人にとってはこの香りが食欲をほどよく調節してくれるでしょうし、摂食気味の人にとってはこの精油がもう一度、食べられることの幸せと喜びを教えてくれるでしょう。
グレープフルーツの精油の分泌腺は果皮の中に深く埋まっていて、レモンやオレンジと比べて精油の抽出量は少な目です。その甘い香りに、懐かしさを憶える人も多いようです。

ユーカリ

ユーカリのアロマオイルが心に与える効果と効能は、思考が定まらないときなどに、精神集中させてくれる効果が一番ポピュラーです。
他にもユーカリのアロマオイルは気持ちのもやもやを減らす為、集中力を高めてくれる効果があります。受験勉強のときなど、頭脳明晰を求める人には、とてもありがたい効能です。
また仕事が変わったときなどは変化を恐れてしまい、精神的に不安定になるときもあるでしょう。そのような場合にも、ユーカリのアロマは気持ちの乱れ、感情の乱れを鎮めてくれる効能があります。
ユーカリのアロマオイルが体に与える効果と効能で、一番特徴的なのは口ウィルス効果による風邪や気管支トラブルを予防したり、緩和してくれることが挙げられます。他にも虫に刺されたり、犬や猫にかまれたり、ひっかかれたときのキズには、解毒作用を持っていますのでユーカリのアロマは効果的です。
また筋肉のコリや痛みを緩和して暖めてくれるので、スポーツの後などはユーカリを用いたアロママッサージは効果的です。アロマテラピーとして香りを楽しむ以外にも、ぜひマッサージにも利用したい精油です。


Copyright(C) 2010-. 大阪市出張エステ&マッサージOlive. All Rights Reserved.